0
¥0

現在カート内に商品はございません。

柳瀬美術店

Yanase Art GINZA. Modern Art and Pottery Online Shop

濱田庄司 「塩釉絵刷毛目扁壷」 濱田晋作箱

価格 / Price: ¥330,000 税込
商品コード / Item number: 15564

高さ / Height (cm): 19.5

径 / Width (cm): 17.4

奥行き / Depth (cm): 11.5

関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

濱田 庄司HAMADA Shoji



  • 1894年 神奈川県川崎に生まれる。
  • 1913年 東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科入学、板谷波山に師事。
  • 1916年 同学校卒業後、京都市立陶芸試験場に入所。河井寛次郎と釉薬の研究をする。
  • 1920年 バーナードリーチと同行し渡英。セント・アイヴスに築窯し作陶活動始める。
  • 1924年 帰国し益子に移住。沖縄にも長期滞在する。
  • 1926年 柳宗悦や河井寛次郎らと民芸運動を創始。
  • 1955年 重要無形文化財(民芸陶器)の保持者に認定。
  • 1962年 日本民芸館館長に就任。
  • 1964年 紫綬褒章受章。
  • 1968年 文化勲章受章。
  • 1977年 益子参考館、開館。
  • 1978年 83歳で死去。


  • 20世紀の日本陶芸界を代表する一人です。世界各国を回り活動。生活と芸術を結びつける「民芸」を確立し、日本の陶芸家で最も有名な作家です。角瓶や皿・扁壺に描く糖黍文(とうきびもん)は、素朴で力強く国内外からも絶大な人気があります。



  • 作者の特別作である塩釉を施しとうきびを描いた逸品。
    箱の無い状態で入手した為、当店で濱田晋作氏に箱書を依頼した。
    通常の鉄絵作品に比べ制作数も大変少ない。

カテゴリ一覧

ページトップへ