0
¥0

現在カート内に商品はございません。

柳瀬美術店

Yanase Art GINZA. Modern Art and Pottery Online Shop

石黒宗麿 「鈞窯香爐」 共箱

価格 / Price: ¥0 税込
商品コード / Item number: 15618
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

石黒 宗麿ISHIGURO Munemaro



  • 1893年 富山県の医科の長男として生まれる。
  • 1918年 中国宋時代の曜変天目茶碗に出会い陶芸家を志す。
  • 1935年 京都市東山区に移り住み、小山富士夫の裏庭に窯を築く。
  • 1936年 京都市左京区八瀬に築窯。
  • 1953年 無形文化財に認定。
  • 1955年 重要無形文化財(鉄釉陶器)保持者に認定。

           日本工芸理事に就任。
  • 1961年 「柏会」結成。

           北日本文化賞受賞。
  • 1963年 紫綬褒章受章。
  • 1968年 勲三等瑞宝章受章
  •       75歳で死去。


  • 中国の唐や宋代の古陶器の技法の解明に努力。天目などを自らの個性を加味して今日に再現しました。

    その秀れた技術により後も、柿釉,黒釉,飴釉,褐斑釉,三彩釉など数々の優品を制作。陶芸界に多大な功績を残しました。号は「栩庵」 。
  • 制作数の少ないことで知られる作者であるが、本作は箱書から戦前期の制作と思われる。宗麿の作品は識箱で出てくることが多いが、
  • 見かける事が少ない共箱作品であり、よりいっそう希少度が高いと思われる。

カテゴリ一覧

ページトップへ