0
¥0

現在カート内に商品はございません。

柳瀬美術店

Yanase Art GINZA. Modern Art and Pottery Online Shop

金重陶陽 「白掛酒呑-2」金重晃介箱

価格 / Price: ¥0 税込
商品コード / Item number: 15613

高さ / Height (cm): 6.6

径 / Width (cm): 5.8

関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

金重 陶陽KANESHIGE Toyo



  • 1896年 窯元・金重楳陽の長男として備前市伊部に生まれる。
  •       父の楳陽に陶技を学び、 のち桃山備前の研究に取り組む
  • 1942年 川喜田半泥子、荒川豊蔵、十代休雪と「からひね会」結成
  • 1952年 北大路魯山人の依頼で北鎌倉に備前窯を築窯。
  • 1956年 重要無形文化財(備前焼)保持者に認定。
  • 1964年 ハワイ大学に招かれる。
  • 1967年 71歳で死去。同日、勲四等旭日小綬章受章。


  • 桃山時代の備前の復興にとりくみ、「備前焼中興の祖」と呼ばれました。今なお絶大な人気を誇る名工です。


  • 金重陶陽が入信していた京都府亀山の大本教「花明山窯」は1951年に築窯。陶陽も指導の為、1ケ月程滞在し作陶も行っている。
    本作は陶陽が「花明窯」で現地の土、釉薬で制作された作品。
    類品も見かけることも無く、希少な逸品と思われる。
    箱書及び鑑定書は子息で陶芸家のの金重晃介

カテゴリ一覧

ページトップへ